シャチハタをアレンジする

ネーム印イメージ

シャチハタと言えば、ただのネーム印と言っても過言ではないので、こだわるところなんてないと思われがちですが、とても面白いシャチハタ=スタンプがあるのです。

例えば、キャラクターの顔だけだったり、最近の流行りを気にしたものとしては、戦国武将の家紋や兜を、名前と一緒に印字してあるものだったりと、ありますが、それだけでは、こだわったとは言えません。

もっと、シャチハタにこだわっている人というのは、始皇帝にしか読めないであろう文字で、シャチハタ(ネーム印)を作るという人もいます。

今から2000年以上も前に中国を統一した始皇帝ですが、その時、長さや重さなどの単位を全て統一し、使う文字も統一しました。

このことが、今当たり前のように使っている漢字の祖先なのですが、その時に使用していた文字で、シャチハタを作るというこだわりなのです。

もちろん、誰にも読むことができないであろうシャチハタ(ネーム印)ですが、周りにはとても評判で、同じものを作ってほしいと、注文が殺到しているそうです。

そして、出来上がったものを、手に取って喜んでいる姿を見て、こういうこだわったシャチハタを作ってよかったと感じているそうです。

そして、それを見る人は「何て書いてあるの?」と尋ねてくるそうですが、「始皇帝が読めるように作ってあるだけで、君が読めるかどうかは、問題ではない」という決めセリフまであるので、なんだか楽しそうなシャチハタですよね。

こうして、シャチハタもただのネーム印とは言えなくなり、自分なりにアレンジできるものだと言えるでしょう。

~ 話題のWEBサイト ~

<簡単便利な印鑑>シャチハタ

朱肉のいらない便利な印鑑シャチハタネーム印。
従来の印鑑の形からペンタイプまでさまざまなデザインをご用意。
お急ぎの方には嬉しい最短即日出荷サービスもあります。

シャチハタ、Xスタンパーをお求めなら

シャチハタ専門店【シャチハタ館】をご利用ください!

ページの先頭へ